最新情報




接写にすることでアイテムの存在感を主張することができます。

また被写体のサイズを、接写具合で統一することで非常にまとまりのあるレイアウトを作り出すことができます。

以下のアカウントとあなたのアカウントを比べてみましょう。


@thevegansolution
@nyc.food
@thecuttingveg
@chocolate.everyday1
@burgerorder

あなたの投稿が気に入ってプロフィールを見たユーザーが目にするのはプロフィール内容よりも他にどんな写真があるかだったりします。

参考にしたアカウントのように、接写&被写体統一でカラーリングにまとまりがなくても統一感が出ます。

背景、つまり撮る場所を固定しておけば更に統一感が出ますね。

投稿編、そして今回の撮影編で紹介しているものをすべてやる必要はないのです。

あなたの店にあったものをチョイスしてあなたの店の投稿スタイル、撮影スタイルを確立していくのです。

その際、構成やコンセプトに合わない投稿は消しましょう!

あなたのお店の投稿スタイルを確立しませんか️ @fc.real.consulting.tokyo があなたのお店の投稿スタイルを確立し、日々のネタを提供致します。ぜひDMからご連絡ください。

この記事を書いた人

Ryo Suzuki

Ryo Suzuki

WEBコンサルファームFC REAL CONSULTING TOKYO代表です。そしてオウンドメディア『エバデリ』ディレクターです。 Googleマイビジネスとインスタグラムを使った集客システム【Insta Spread!】で全国のローカルビジネスのみなさまにご提供しております。

〜経歴〜外国語学部卒→大手外食チェーン→バルカフェ→FC事業部→店舗コンサル業独立→WEBメディア立ち上げ→現在WEBコンサルタント、WEBマーケター。

お店が売れていないのは『知られてないから』→ Googleマイビジネスとインスタグラムで目立てばいいだけ!