最新情報




今日もわかりやすい、そして難しい質問が来ましたので答えたいと思います。


『インスタをやりはじめて随分経ちますがフォロワーは増えるのですがいいねは一向に増えません。。。』


いやー、インスタ運用していると必ずぶつかる壁ですね。


ここで乗り越えられる人、乗り越えられない人に分かれます。前者は10%いないですかね。後者は最悪の場合アカウント放置ですからね。


インスタサーフィンしていると見かけます。。。勿体ない。


さて、いいねがたくさんついた投稿とそうでなかった投稿があるのはみなさんご存知でご経験されたことでしょう。


シンプルに書きます。


『投稿を見たインスタユーザーが、感動した、共感した、欲しくなった、食べたくなった、珍しかったなどある一定以上の感情が芽生えた時にいいねを押す』


と弊社では考えます。おそらくそうではない投稿も見てくれてますよ。安心してください。


しかしながらインスタから集客していきたい場合は来店者を感動させるのと同じで投稿でインスタユーザーを感動させなければなりません。


この記事を見終わったら、インサイトをあけてどの投稿が一番いいねもらえたか見てみましょう。


画像、文章、投稿時間等、いいねをたくさんもらえた投稿には理由があります。


何故もらえたか?徹底的に考えて仮説を立てましょう。


その仮説をもとに明日の投稿をしてみてください。


こうして何が受け入れられて何が共感をもらえないのかを精査していきます。


インスタグラムの運用はこれの繰り返しです。インスタグラマーといわれる方々も大半はこの手法です。Twitterもブログも同じです。


ちなみに弊社が一番いいねを獲得できた投稿はGoogleマイビジネス運用方法やインスタグラムの運用方法などではなく、写真の撮影方法の投稿でした。つまりそのカテゴリに興味のある人が多かったと言えます。


となると弊社が飲食WEBコンサルティングとしてインスタグラムでお客様を獲得していくには、ひょっとしたら撮影方法の投稿をしていくのが早いかもしれないという仮説が立ちます。


となると一眼レフ、ミラーレス、コンデジ、iPhone、pixel3で同じ写真を撮ってみた!というような投稿がいいかもしれませんし、iPhone用レンズmomentを試してみたとか、カメラアプリ10個を比べてみたという投稿がいいかもしれません。

さすがにやりませんけどね。


どんなターゲットにどんな投稿をすると共感を得られるのか?IT企業のようにABテストしてあなただけの投稿スタイルを確立していきましょう!


もちろん @fc.real.consulting.tokyo がお手伝いしますよ。

この記事を書いた人

Ryo Suzuki

Ryo Suzuki

WEBコンサルファームFC REAL CONSULTING TOKYO代表です。そしてオウンドメディア『エバデリ』ディレクターです。 Googleマイビジネスとインスタグラムを使った集客システム【Insta Spread!】で全国のローカルビジネスのみなさまにご提供しております。

〜経歴〜外国語学部卒→大手外食チェーン→バルカフェ→FC事業部→店舗コンサル業独立→WEBメディア立ち上げ→現在WEBコンサルタント、WEBマーケター。

お店が売れていないのは『知られてないから』→ Googleマイビジネスとインスタグラムで目立てばいいだけ!