最新情報




昨日はチェックイン、スポット、位置情報の種類の話をしました。Facebookで作られたチェックインスポットがInstagramに反映されるまでをお話します。


不確定要素多数ではありますが実績に基づいて説明します。



Facebookユーザーが(自身ではない)チェックインスポットを作った場合、そのチェックインスポットに数件チェックインされることでインスタグラムに反映されます。


しかしながらスポット検索には表示されますが、投稿時、位置情報に表示されるにはある程度のFacebookでチェックイン実績が必要になります。



ここが時間のかかるポイントです。



お店のFacebookページでチェックインを許可している場合、こちらも数件のチェックインが必要になります。同様にある程度のチェックイン数がないと投稿時の位置情報に出てきません。



またFacebookページとインスタグラムをただ連携しただけでは表示されないところも難しい要因のひとつです。



インスタグラムビジネスアカウントを運用するにはFacebookページ構築も必要になるわけです。



Googleマイビジネを運用する際には様々な Googleマイビジネス以外のメディアにも編集が必要になるのと同じでインスタグラムを運用するにはFacebookページも Googleマイビジネスも編集、構築しないとなりません。


複雑ですよね。


正直なところご自身でやるにはハードルが高すぎる項目です。


@fc.real.consulting.tokyo にて承ります。

この記事を書いた人

Ryo Suzuki

Ryo Suzuki

WEBコンサルファームFC REAL CONSULTING TOKYO代表です。そしてオウンドメディア『エバデリ』ディレクターです。 Googleマイビジネスとインスタグラムを使った集客システム【Insta Spread!】で全国のローカルビジネスのみなさまにご提供しております。

〜経歴〜外国語学部卒→大手外食チェーン→バルカフェ→FC事業部→店舗コンサル業独立→WEBメディア立ち上げ→現在WEBコンサルタント、WEBマーケター。

お店が売れていないのは『知られてないから』→ Googleマイビジネスとインスタグラムで目立てばいいだけ!