飲食店のGoogleマイビジネス(ローカルSEO)の使い方〜上位表示のための9つのテクニック〜

飲食店向けのGoogleマイビジネス対策、MEO対策、ローカルSEO対策について、レベル別にまとめています。ぜひ貴社GMBからの集客アップのためにご参照ください。

飲食店のGoogleマイビジネス(ローカルSEO)の使い方〜上位表示のための9つのテクニック〜

Googleマイビジネス(ローカルSEO)にリスティングする、情報を掲載する際に『どこをいじればよいかわからない』というご相談をいただきます。

 

本記事では飲食店がGoogleマイビジネス(ローカルSEO)を使って集客していくに当たり、更なる露出度を上げ上位表示させるべく、ページ構築ページ運用の観点から 9つのテクニックを説明しています。

 

各テクニックを1つずつ丁寧にこなしGoogleマイビジネス(ローカルSEO)を使っての集客を実現してください。

 

それではまいりましょう!飲食店のGoogleマイビジネス(ローカルSEO)の使い方〜上位表示のための9つのテクニック〜です。

キーワード選定【ユーザーの心理を掴むことで検索結果に表示させよう!】

 

今回は少し突っ込んだ形で飲食店のGoogleマイビジネス(ローカルSEO)の使い方を説明していきます。

 

ユーザーがあなたのお店にたどり着くまでを考えましょう。

 

横浜は駅西口にある焼き鳥屋さんを例に考えます。

 

ユーザーがGoogle検索をするときにはどのようなキーワードを使うでしょうか?

 

 

1️⃣横浜×焼き鳥
2️⃣近くの焼き鳥(音声検索)
3️⃣横浜西口×焼き鳥
4️⃣近くの美味しい焼き鳥屋(音声検索)
5️⃣横浜×焼き鳥×美味しい
6️⃣横浜×焼き鳥×おすすめ
7️⃣横浜×焼き鳥×人気
8️⃣横浜×焼き鳥×安い

 

 

ざっと書き出しましたが、もっとたくさん出てくると思います。ユーザーがおそらく検索するであろうキーワードをGoogleマイビジネス(ローカルSEO)やグルメメディアに盛り込む必要があります。

 

でなければあなたのお店がいくら横浜の西口で焼き鳥屋を頑張ってもGoogle検索上では出てきません。

 

ユーザーの心理をつくとは決して難しいことではないのです。

 

これを読んでいるあなたも飲食店検索をしたことがあるかと思います。

 

そうです!その時の検索キーワードを思い出してください。

 

必ずやキーワード選定に役立ちます。

 

とにかくあなたのお店の体を表すキーワード、名詞、形容詞、副詞で構いませんので書き出しましょう。

 

そのキーワードはメモしておいてくださいね。次の章で使いますから!

ビジネスの説明 【選んだキーワードで5w1h作文!】

 

前章ではキーワード選定について説明しました。では実際にそのキーワードを使ってビジネスの説明をしてみましょう。

 

あなたの事業内容を選んだキーワードを交えて文章化します。

 

これがまた難しいんですよ。無理やりキーワードを詰め込めばおかしな文章になりますし。

 

しかしながらしっかりと検索結果に表示されるために必要なページ構築です。

 

5w1hで書いてみるといいでしょう。文才である必要性はありません。

 

完成したらGMBのビジネスの説明に入力しましょう。半角750文字の制限がありますが実は全角で750文字入力できます。次章もページ構築編が続きますから焦らず確実に構築していきましょう。

 

WEB上にはあなたのお店の情報はいくつありますか?

 

やみくもにたくさんあっても意味をなしませんが情報が多いに越したことはありません。Googleも情報が多いお店はひょっとしたら検索したユーザーに有益なのではないか?と考えて表示します。

 

大手グルメメディアには無料掲載も含めて必ず載せるべきできですね。ただそれだけでは不十分と言えます。

 

ある程度利用者がいる無料メディア、プラットフォームはたくさんあります。可能な限り情報掲載をした方が Googleマイビジネス(ローカルSEO)運用には有利になります。

 

そこで注意したいのが各情報の記述の仕方を統一することです。

 

 

1️⃣炭火やきとり まるちゃん
2️⃣炭火焼鶏 まるちゃん
3️⃣焼鳥まるちゃん

 

 

上記のように掲載しているメディア毎に店名が違うのは致命的です。

正式な名前に統一して、 Googleも検索ユーザーも探しやすくなるように心がけましょう。

ホームページの有効性【HP記載情報は信頼度が高い!】

 

飲食店にホームページは必要か?

 

これまでに飲食店のホームページの有無に関しては様々な議論がされてきました。ここは声を大にして言います。

 

 

『絶対に必要です!』

 

 

Googleマイビジネス(ローカルSEO)ページが今後の飲食店WEBメディア情勢に大きく影響することは周知の事実ですが、その Googleマイビジネス(ローカルSEO)ページの露出をより大きく広くするためにホームページが担う役割は非常に大きいのです。

 

Googleマイビジネス(ローカルSEO)にもグルメメディアにも、そして様々なWEBサービスを用いて、ホームページは無料で作れます。

 

残念ながらその手のホームページが Googleマイビジネス(ローカルSEO)に与える影響は少ないのです。Googleは専門性や信頼性のあるページを重視します。自社の名前がついたドメインや(@〜.com等)、誰が書いた情報なのかが明確であることなどを重視します。

 

 

無料ホームページでは充分な権威性、専門性、信頼性を発揮することができません。

ぜひこの機会に自社のホームページについて見直してみましょう。

各リンクの貼り付け 【GMBに入力できる項目は無理してもコンプリート!】

 

Googleマイビジネス(ローカルSEO)からあなたのビジネスに誘導できるリンクを入力する欄は意外と多いものです。

 

 

1️⃣ウェブサイト

あなたのホームページリンクを貼ることができます。

 

 

2️⃣予約

あなたのお店の予約システムに誘導できるようにリンクを貼ることができます。ただし、いくつかのグルメサイトの予約システムはこちら側ではコントロールできませんので掲載しているグルメメディアの担当者に確認してください。

 

 

3️⃣メニュー

Google検索から来たユーザーをメニューが掲載されているページに誘導することができます。

ホームページやグルメサイト、インスタグラムに誘導するのもいいでしょう。

 

 

4️⃣投稿につけるリンク

Googleマイビジネス(ローカルSEO)の日々の投稿にリンクをはることも出来ます。

 

これらすべては記載事項としてすべてにリンクを貼るべきだと考えます。

 

Google側もあなたの情報を収集しやくなりますし、ユーザーが求めている情報を提供できるかもしれません。

 

 

リンクに限らず、 Googleマイビジネス(ローカルSEO)に掲載できる情報はすべて入力しましょう。

口コミには絶対返信 【悪評も対応次第では好印象!】

 

Googleマイビジネス(ローカルSEO)には口コミ機能があります。

 

 

1️⃣星だけのもの

2️⃣コメント付きのもの

3️⃣お褒めの言葉

4️⃣グルメレポート

5️⃣厳しいご意見

 

 

様々な形であなたのお店について書かれます。どんな内容であれ必ず口コミには返信しましょう。

 

口コミに返信することで得られるメリットは2つ!

 

 

1️⃣真摯な姿勢がユーザーにいい印象を与える

2️⃣ Googleにアクティブなアカウントであると認識される

 

 

です。 Googleがユーザーに紹介したいビジネスにしましょう。

毎日投稿の本当の意味 【Googleはアクティブな更新頻度の高いページが好き!】

 

Googleマイビジネス(ローカルSEO)にもインスタグラムや他のSNSと同じで構いませんので毎日投稿しましょう。

 

Googleマイビジネス(ローカルSEO)に毎日投稿するメリットはオフィシャルではアナウンスがありません。さらには投稿そのものが Googleマイビジネス(ローカルSEO)の表示順位に影響しないとまで書かれてます。

 

そんなことはありません。 Googleマイビジネス(ローカルSEO)の日々の投稿は着実に表示順位に影響してきます。

 

しかしながら毎日更新、つまり更新頻度が高いということが重要になってきます。つまりページの更新頻度が高い→最新情報である→ユーザーに有益な情報であるという判断をするのです。

 

毎日の投稿、週間付くまでは非常に大変な作業ですが、 Googleはしっかり認めてくれます。Googleに気に入られるアカウントに育てましょう。

 

Googleマイビジネス(ローカルSEO)の投稿は指名検索(ビジネス名検索)された時の検索結果の7番目ぐらいに表示されます。下方でも閲覧してくれるユーザーはかなり見込み度の高い顧客だといえます。

 

投稿にはユーザー動線を作るために関連する先のリンクを貼ることを忘れずに!

画像を異常にアップ 【Googleは情報の多いページが好き!】

 

同様に店内画像や店外画像、料理画像など、ユーザーが見たい、知りたい画像をたくさんアップしましょう。 また店内を一望できるインドアビューや1分間の動画をアップするのも効果的です。

 

インスタグラムにアップする画像とは混同しないほうがいいでしょう。 Googleユーザーも同様にあなたのお店に関する動画をアップすることができます。スマホ撮影と差別化するためにも プロショット、もしくは高性能スマートフォン撮影のものにしましょう。

 

あまり知られていませんが最もよく見られる画像は店内外画像、インドアビューなんです。

インサイトはここを追う【日々の運用の成果を知り、GMB関連ページを再構築する!】

 

Googleマイビジネス(ローカルSEO)ページを構築して、実際に運用するようになったら日々インサイトを確認しましょう。 あなたが施した策が、実際どのように反映されているのかがわかるようになります。

 

つまりどの項目を編集すればどの数値が改善されるのかがわかるようになります。 Googleマイビジネス(ローカルSEO)ページインサイトの説明は下記の記事をご覧ください。

 

飲食店のインスタグラムを最適化する運用方法〜インサイト編〜

 

Googleマイビジネス(ローカルSEO)運用においてもっとも大事なのが、間接検索数を増やすことです。 店名で指名検索をされる頻度より明らかに関連キーワードで検索されることが多いです。

 

Google検索結果に、Googleマップにいかにあなたのお店をたくさん表示させるかで今後の来店者数が 変わってくるといっても過言ではありません。

 

ページさえしっかり構築していれば日々の運用でGoogle検索結果に、Googleマップに

露出頻度は増えますのでご安心ください。

最後に

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

実際に上記のテクニックを使えばは1ヶ月足らずでインサイトの数値に反応が見られます。あなたの施策で変わった数字を見れば俄然やるきが出てくることでしょう。

 

その結果に満足せずにGoogleマイビジネス(ローカルSEO)を運用していくことこそ集客に繋がる最短ルートです。そして日々努力するあなたをGoogleは決して見捨てません。

 

あくまでページ構築ができているうえで運用していくという条件はありますけど。