GMBのインバウンド対策はまだ間に合う!2020年1月までに済ませておきたい5つの項目

GMBのインバウンド対策はまだ間に合う!2020年1月までに済ませておきたい5つの項目

本記事は、店舗型ビジネス(ローカルビジネス)を運営されている方におすすめの記事です。

 

 

Googleマイビジネス(マップ)は世界共通のレビューサイト(口コミサイト)と言っても過言ではありません。Google検索を利用できる国であれば、必ず1度は目にしたことがあるものがGoogleマイビジネス(GMB)のナレッジパネルであったりGoogleマップですね。

 

 

日本に来る外国人のためにもGoogleマイビジネス(マップ)にインバウンド対策を施して、しっかりとあなたのお店(ローカルビジネス)の売上につなげてみてください。

 

 

下の画像は国土交通省観光庁が発表している2020年のインバウンド需要を数値化し予想(というより目標値)したものです。

 

 

引用元:国土交通省観光庁

 

2020年東京オリンピックを控えていることもあり、外国人旅行者の数は過去最高になると予測されます。そのほんの0.001%も獲得できたらあなたのお店はとんでもない売上を作ることができます。

 

 

せっかくのチャンスですから2020年1月までにこれからご紹介する店舗型ビジネス(ローカルビジネス)のインバウンド対策をGoogleマイビジネス(マップ)に施して旅行者が快適な日本での時間を少しでも過ごせるようにしてみませんか?

 

 

とっても簡単ですのでぜひお試しください。それでは参りましょう!GMBのインバウンド対策はまだ間に合う!2020年1月までに済ませておきたい5つの項目です。

 

【設定しよう!】英語の(または他言語の)ビジネス名を入力する

Googleマイビジネス(GMB)は非常に便利である程度の項目まではなんと自動翻訳してくれます。しかしながらあなたのお店の名前までは翻訳してもらえません。むしろ勝手に翻訳されても困りますよね?

 

 

そこで今回は外国人が弊社のアカウント見た時にどうなっているか?を教材にして英語の(または他言語の)ビジネス名入力方法を説明します。

 

 

まずは弊社のGoogleマイビジネス(GMB)を表示してみます。

 

 

 

 

次にGoogle Chromeの言語設定を英語にして(外国人が検索している状態と同じ)表示してみます。

 

 

 

 

Google検索バー下の設定より言語を選びます。

 

英語を選び保存を押すと、、、、!?

 

 

 

 

 

このように英語でビジネス名は設定していないので日本語で表示されます。これではどんなコンサルティングをしている会社なのかはわかりませんね。ですので、、、

 

 

〜飲食WEBコンサルティング・マーケティング〜

 

 

の部分を英語翻訳し入力してみます。

 

 

 

 

 

上の画像の「Edit your business information」をクリックします。

 

 

 

 

「Change name or others details」をクリックします。

 

 

 

 

 

「Add name in English」をクリックして英語表記を入力します。

 

 

 

 

入力が完了したらsendをクリックします。

 

 

 

 

 

Doneをクリックして終了です。と思いきや、、、

 

 

 

 

言語設定を日本語に戻したら英語表記になってしまいました。。。ので再度日本語表記の入力をします。どうやらこれはGoogleマイビジネス(GMB)のバグのようです。

 

 

 

ビジネス名の横のペンをクリックします。

 

 

 

 

英語表記を日本語表記へ戻します。

 

 

 

 

適用をクリックして終了です。

 

 

 

 

これを言動設定毎にしていけば登録完了です。

 

【口コミを獲得しよう!】日本人以外の口コミを獲得するだけでインバウンド需要獲得

 

あなたが旅行に行ったときのことを考えてみてください。Google検索(マップ)でお店を探した時に、外国語だらけではなかなかどんなお店なのかを理解するのは難しいと思います。

 

 

とあるお店のGoogleマイビジネス(マップ)に日本人のレビュー(口コミ)があったらどうでしょうか?どんなお店かというよりも先に安心感を覚えるのではないでしょうか?

 

 

これを逆手に取って外国人の口コミ(レビュー)を獲得できれば、日本に来た外国人に来店してもらういいきっかけになることは明白ですよね。

 

【口コミに返信しよう!】返信をすることでレビューが翻訳される

Googleマイビジネス(マップ)で獲得した口コミ返信をしたことはありますか?

 

 

なければ即返信を開始してください。返信することで自動で翻訳された文章が掲載されます。これはすぐできますね、この記事を読み終わったらすぐ行ってください。

 

【質問コーナーを埋めよう!】Q&AはFAQとして使う

Googleマイビジネス(マップ)にはビジネスに対して質問する場所があります。Googleアカウントを持っていれば誰でも質問できますし、誰でも回答することが出来ます。活発に使われているお店はまだまだ少ないですね。

 

 

実はこの質問と回答はユーザーからの質問を待たなくとも自作自演できます。自作自演と言うと少々おかなしな響きになりますが「よくある質問」をお店側で掲載できてしまいます。

 

 

やりかたはとても簡単です。Googleマイビジネス(マップ)のナレッジパネルから質問をして、Googleマイビジネス(GMB)のアカウントで回答すればいいだけです。

 

 

どうです?すぐできちゃうでしょ!? 

【メニュー、商品カテゴリに投稿しよう!】英語(または他言語の)でメニュー名を入力する

 

 

メニュー

Googleマイビジネス(マップ)にはメニュー表を作成できる項目があります。メニューにはカテゴリ別にあなたの商品を入力でき、リスト表示させることができます。

 

この項目は残念ながらGoogleの自動翻訳が入りませんので英語または獲得したい国の言語でメニュー入力する必要があります。リンクを貼ることができますので予約リンク(できれば翻訳機能がついているサイト)を貼ってしまいましょう!

 

 

商品

Googleマイビジネス(マップ)にはメニューをリスト表示できる項目の他に画像つきで商品を紹介する項目も存在します。こちらも残念ながらGoogle自動翻訳が入りませんでの自力で作成する必要があります。

 

画像つきですのでよりわかりやすく商品を伝えることが出来ます。上のメニュー同様にリンクを貼ることが出来ますので予約リンク(できれば翻訳機能がついているサイト)を貼ってしまいましょう!

 

 

翻訳されたメニューブックがあればGoogleマイビジネス(マップ)にアップする

あなたのお店にはすでにインバウンド対策として英語表記(または他の言語表記)でメニュー表やリスト表、商品説明のポップなどが存在するかと思います。それらの画像もぜひGoogleマイビジネス(マップ)にアップしてください。

 

日本語がわからない方は写真で判断するしかありません。できるかぎりWEB上の「お・も・て・な・し」を実現しましょう。

エバデリ×Googleマイビジネスで予約を獲得しよう!

 

ぜひ本記事に書いてあるGoogleマイビジネス(GMB)のインバウンド対策5つは施してくださね。

 

最後に少し宣伝します。

弊社はグルメメディア「エバデリ」を運営しています。店舗紹介記事やグルメレポート記事、地域情報のまとめ記事を掲載しています。実はエバデリの記事、ご希望のキーワードで表示されるように狙って書いてるんです。

 

 

例えば、、、

「新宿×焼肉」

 

 

のキーワードの場合、上位に表示されるのはもちろんグルメサイトのまとめ記事、「新宿焼肉20選」などが表示されますが、5ページ目までにあなたのお店の情報がたくさんあると、Googleマイビジネス(GMB)での表示順位が上がるんです!

 

 

エバデリのグルメライターはSEOに強い記事を書くことが出来ます。指名検索(店名検索)ではほぼ1ページ目に表示されます。

 

 

それだけ影響力のあるページ、信頼性の高いページという評価をGoogleが下しているわけです。

 

 

検索結果の上位はGoogleマイビジネス(GMB)のローカルパックが占めるわけですから、このリスト表示の上位に如何に表示させるかがポイントになります。

 

 

 

簡単に書きます。

 

 

エバデリに記事を掲載するとGoogleマイビジネス(GMB)の閲覧数、検索数、アクション数がすべて上がります!

 

 

ぜひ下記よりご相談ください。

 

    送信前に問い合わせ内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。