飲食店のインスタグラムの始め方~初心者でもできる9つのテクニック~

飲食店のインスタグラムの始め方、使い方、運用の仕方、マーケティング法まで、レベル別に記事をまとめています。ぜひご参照ください。

飲食店のインスタグラムの始め方~初心者でもできる9つのテクニック~

飲食店でにはなくてなはならないメディアと化したインスタグラム。

 

弊社もインスタグラムを運用していますが、頻繁に飲食店のインスタグラムを開設したばかりの店舗を見かけます。

 

ぜひ弊社のインスタグラムを参考に日々の運用をしていただきたいと思いますが、Google検索でも飲食店のインスタグラムの使い方を探す方がいるのではないか?と思い、本記事を書きます。

 

インスタグラムを運用していくにあたって、初心者でも簡単に使えるテクニックを9つご用意しました。開設まもなくこれからご紹介するテクニックを活用できればアカウントの成長も早くなるのではないかと思います。

 

それでは参りましょう、飲食店のインスタグラムの始め方~初心者でもできる9つのテクニック~です。

ビジネスアカウントにアップデートすると得られる3つのメリット

 

おすすめのアカウントに、最近インスタグラム(Instagram)を始めた人!として飲食店が出てくるのを目にしましたので、インスタグラム(Instagram)を始めたばかりのアカウント向けに9つのテクニックを書いてみたいと思います。

 

ビジネスアカウントにしてないお店はビジネスアカウントにアップデートしましょう。 もちろん無料です。 ビジネスアカウントにするとこんな特典が付いてきますよ。

 

 

1️⃣インスタ投稿を分析できるインサイトが使えるようになる

 

2️⃣電話、予約(ぐるなびのみ)、メール、地図をボタンとして設置できる

 

3️⃣インスタグラム(Instagram)、Facebookに広告が打てるようになる

 

 

 

1️⃣は日々の投稿の精度、質を上げることができますし、2️⃣は実際インスタユーザーがあなたのお店にたどり着くためのツールボタンなんです。 どうです?魅力的でしょ! 3️⃣は唯一有料のサービスですが始めのうちはスルーしましょう。

プロフィールの書き方~ハッシュタグいる?~

 

プロフィールの書き方は非常に大事です。 最大150文字を使って あなたのお店は、、、

 

 

1️⃣いつ

2️⃣どこで

3️⃣何を

4️⃣誰が

5️⃣どうやって

6️⃣なぜ やっているのか

 

 

を表現しなければなりません。

 

 

たった150文字ですよ? それができていないアカウントは大抵フォロワー少ないですね。

 

 

何故なら、、、

 

 

 

1️⃣いつやってるのか?

2️⃣どこでやってるのか?

3️⃣何をやってるのか?

4️⃣誰がやってるのか?

5️⃣どうやってるのか?

6️⃣なぜやってるのか?

 

 

わからないからです。 プロフィールにハッシュタグを付けてるアカウントがありますが意味がありません。ハッシュタグ検索でプロフィールはヒットしないからです。ハッシュタグ分文字数損します。 ぜひあなたのアカウントに活かしてみてくださいね。

アカウントの名前は検索でヒットするように書く

 

インスタグラム(Instagram)の検索であなたのお店がヒットするようにしてみましょう。

 

 

例えば渋谷にFC REAL cafe TOKYOというカフェがあったとします。なかなかいいネーミングですね! インスタグラムユーザーがインスタグラム検索を使って渋谷でカフェを探した時にヒットさせるには下の3つのうちどんな名前にしたらいいでしょうか?

 

 

1️⃣FC REAL cafe TOKYO

2️⃣FC REAL cafe TOKYO SHIBUYA

3️⃣FC REAL cafe TOKYO | カフェ 渋谷

 

 

簡単ですね!

キャプションには@メンションをいれよう!

 

開設したばかりのアカウント!プロフィールまでしっかり作り込めたらぜひユーザーには見てもらいたいものです。

 

また電話ボタンや予約ボタンを実装しているアカウントならなおさらプロフィールに飛んでもらいたいですね。 その可能性、確率を上げるのが@メンションです。

 

キャプション中に@自身の名前を入れることで簡単にプロフィールへ飛ぶことができます。 これがあるかないかはインサイトを見れば歴然ですよ。

 

早速今日からつけましょう。

 

 

↓これです↓

 

 

飲食WEB関連のことなら @fc.real.consulting.tokyo に聞いてみよう!

コメントには返信しよう!コメント返信の真意は?

 

コメントには返信をしましょう。

 

 

1️⃣アクティブなアカウントであると認識される

2️⃣ユーザーファーストなイメージを与える

3️⃣ユーザーアクションの多い投稿は人気投稿になる可能性がある

 

 

一般的に1️⃣2️⃣について書かれていることが多いですが、3️⃣に影響することをご存知でしたか? 1️⃣や2️⃣の印象を与えて3️⃣ができたら言うことないです。その投稿は間違いなくこれまでの投稿で各数値が高いはずです。 積極的にコメント返ししましょう!真意は上位表示のためです。

キャプションの改行ができない?やり方と裏技とは?

 

インスタでキャプションを書いていると苦労するのが『改行』ですよね。 たぶんこれiPhoneユーザーだけですね、改行に苦しんでるのは。

 

裏技!ってほどでもないですが、、、

 

 

1️⃣文末、文頭それぞれにカーソル合わせて改行を押すとうまくいったりする

2️⃣面等だと感じる人は『改行くん』をAppStoreからダウンロード

 

 

で解決ですかね! バランス良くパラグラフ配置してより多くのインスタユーザーに読んでもらいましょう!

投稿には必ず位置情報をつけよう!

 

意外と忘れがちで非常に重要なのがこれ、投稿時に位置情報をつけることなんです。

 

インスタグラム(Instagram)は決して検索しやすい、店舗を見つけやすいメディアではありません。 複合キーワード検索すらできませんから。 検索の種類は4つ、上位検索結果、アカウント、タグ、位置情報です。 例えば、渋谷にあるカフェを検索する際、アカウント名に渋谷、カフェというキーワードが入っていればアカウント名でヒットしますし、渋谷カフェというハッシュタグがついていればハッシュタグ検索にヒットします。 同様にアカウント名に渋谷、カフェが入っていて位置情報をつけて投稿しておけば位置情報検索にもヒットします。

 

 

上位検索結果にも位置情報が出たりしますのでユーザーがあなたの店に辿り着きやすくなります。 上位検索結果の表示順位のアルゴリズムは発表になっていませんが、投稿数の多いハッシュタグや、最新の投稿順、ユーザーアクションの多い投稿順と見てとれます。

 

 

またユーザーの検索の好みをフィードバックしている可能性もあります。2人で同時に検索してみると検索結果が違うでしょう。 渋谷カフェと検索している時点であなたがもし渋谷でカフェを営んでいたら間違いなく見込み客ですよね。

 

 

毎日投稿していれば位置情報検索結果の上位にも来る可能性があります。 ですから必ず!投稿時には位置情報をつけましょう!

アカウントの拡散力に見合ったハッシュタグをつけよう!

 

ハッシュタグの付け方って悩みますよね。 インスタグラム(Instagram)を始めたばかりのアカウントなら尚更です。 最初からたくさんのいいねをもらえたりフォローしてもらえることはありません。

 

 

次の投稿で説明しますが、どんなインスタユーザーに向けて投稿しているのかがユーザーにも伝われば自然といいねもフォロワーもインスタ動機来店も増えていきます。 そんな時に効果的に使えるのがハッシュタグです。 渋谷のカフェなら迷わず、、、 #渋谷 #カフェ とつけがちですが、これではあなたの投稿にユーザーがたどり着けません。

 

 

#渋谷カフェ #渋谷カフェ巡り これでもはじめのうちはインスタユーザーはあなたのお店を見つけられないでしょう。

 

 

投稿数が多いハッシュタグで新規アカウントが露出する可能性は稀だからです。 ある程度のユーザーアクションが得られるようになってから人気ハッシュタグに挑戦しましょう。

 

 

ではどんなハッシュタグがいいのか?となりますが、いいねやフォロワーの数から得られるユーザーアクションを元にハッシュタグを選んでいく方法、弊社ではキラーハッシュタグチューニングと呼んでいますが、身の丈にあったハッシュタグを選び出し、地道にファンを獲得していく方法があります。

 

 

もちろんユーザーアクションが増えていけばどんどん投稿数の多いハッシュタグにチューニングし直します。 弊社のようなアカウントでも3か月でここまで増やせました。

 

 

飲食店のアカウント運用の方が結果が出やすいですね、弊社のようなアカウントって一見怪しい感じしますし笑 ハッシュタグ選びは特に初期の段階は難しいです。悩むようなら弊社にお任せください。

誰に対しての投稿なのかを明確にしよう!

 

これを最初から意識できてるとアカウントの育ち方も早いのでしょう。 よくペルソナという言葉をマーケティングをしていると目にします。

 

 

〜以外wikiより〜

ペルソナ (マーケティング手法) – 企業が提供する製品・サービスのもっとも重要で象徴的なユーザモデルのこと。そのモデルを作ることをペルソナデザインという。

 

 

あなたのお店もターゲットや顧客層が決まっているでしょう。 同様にインスタグラムでもそのターゲットに向けての投稿でなければなりません。

 

そのターゲットは、、、

 

1️⃣何時にアクティブになるか

2️⃣どんなハッシュタグをつけたらみてもらえるか

3️⃣どんな写真に共感してくれるか

4️⃣どんなキャプション(文章)を読んでくれるか

 

 

徹底的に仮設を立てて、投稿を続けます。 トライ&エラーの繰り返しになるでしょう。 ある程度投稿数が増えたらインサイトを利用して投稿を分析します。

 

 

同じ条件で投稿しているのに数値がバラつく理由を探るのです。 何かしら数値が高い投稿には理由があります。 またそこに仮設を立てて、繰り返し投稿します。 トライ&エラーの繰り返しです。

 

 

結局いつまともな投稿をできるようになるのか?1年後?2年後? これはいつ!というより投稿し続けることが答えです。 続けるということが万人ができないことです。 つまりインスタ投稿を仮設を立てトライ&エラーを繰り返し投稿にフィードバックしているアカウントで常になければなりません。

 

 

今回の弊社の投稿は、、、 インスタグラム(Instagram)を始めたばかりの飲食店に向けたテクニックについて書きました。 ユーザーアクションは少なかったんです(いいね、コメント、コレクションに保存)

 

 

 

理由はおそらく、、、

 

 

1️⃣GWでターゲットが忙しかったこと

2️⃣初心者向けであったこと

 

 

が挙げられます。しかしながら1項目だけ群を抜いて普段の投稿より数値が高かったんです。 それは投稿からプロフィールに飛んだ数 普段は1投稿につき10アクセスあるかないかの投稿→プロフィールのユーザーフローですが、この9つのテクニックではすべて30アクセス以上ありました。

 

 

インプレッションも何故か高めでした。GWの投稿数は増えるはずですが。 以上のことから下記のように分析しました。 『いいねやフォローを恥ずかしくて押せなかったアカウントが多かった!』 なんとなくほっこりした結果になって良かったです。おかげ様でブログアクセスもGWは下がることなかったですよ。

最後に

 

初めからいい状態でインスタグラムがうまく使えるわけではありません。ただ必要なのはうまくいかなくても諦めず、手を止めないこと、投稿し続けることです。

 

世の中の成功者に共通するのは形は違えど続けていることです。 もしインスタグラムの使い方を読んで実践してもうまくいかない場合はぜひ弊社にご相談ください。

 

弊社のサービスについては下記の記事が最もわかりやく書かれています。

 

 

【Googleマイビジネスとインスタグラムから集客する!】飲食WEBメディア集客コンサルパックがおすすめな9つのメリット