【飲食店の集客アイデア】おすすめ販促企画9選2019年版

【飲食店の集客アイデア】おすすめ販促企画9選

飲食店の集客アイデアはこれまでさまざまな企画が試されてきました。販売促進を考えているがなかなかアイデアが思いつかないあなたのために2018年最も印象に残ったおすすめ販促企画やメニューを集めてみました。

 

9つの販促、企画、メニューをごらんいただき、ぜひあなたのお店の集客アイデアに繋げてください。

それではまいりましょう!【飲食店の集客アイデア】おすすめ販促企画9選2019年版です。

【牡蠣ジェンガ】制限時間30秒でいくつ積み上げられるか?

 

魚介イタリアン チーズ食べ放題 UMIバル 新宿店様でやられていた『牡蠣ジェンガ』

 

 

制限時間30秒で専用の器にどれだけ牡蠣を積み重ねることができるかチャレンジするメニューです。

 

 

1️⃣ユーザー参加型メニューであること

2️⃣ストーリーズ映え、動画映えすること

3️⃣決して販売価格が安くないものと、◯◯放題という大衆性の組み合わせ

 

 

が印象的でした。

 

 

4️⃣常識
5️⃣既成概念
6️⃣文化
7️⃣風習

 

 

そういったものにとらわれず、作り上げられたメニューだと思います。

とても好印象でした。牡蠣を扱っているお店はぜひ参考にしてみてください。

【野菜スティック詰め放題】時間無制限!

 

『野菜スティック詰め放題』

 

いわゆるデュラックスのグラスが用意され徹底的に詰めるというより差し込んでいきます。ぎゅうぎゅうに詰め込めばしばらく何もいらないおつまみの完成です。大衆炉端 フジヤマ桜様のアイデアでした。

 

詰め込んだグラスの絵面はそれはそれはちょっとした鉢植えのようで圧巻でした。

【貝のバケツ盛り】盛り方次第でたっぷり!


千歳烏山 我ー喰う様 の人気メニュー、『貝のバケツ盛り』です。

 

白蛤を時間無制限でブリキのバケツに盛ることができます。どれだけ盛っても980です‼️盛り付けたしろ蛤は酒蒸しにしてもらえます。更には酒蒸しにした買い出しで〆ラーメン、〆雑炊をたのしむこともできます。

 

 

1️⃣ユーザー参加型イベント
2️⃣仲間と一緒に盛り上がれる
3️⃣食材そのものがインスタ映えする珍しいパターン

 

 

が印象的なメニューです。

 

 

4️⃣参加、体験して楽しい
5️⃣目で見て楽しい
6️⃣食べて美味しい
7️⃣ユーザーの無意識の期待に応えるアレンジメニューに対応

 

 

料理提供だけでなくユーザー体験やインスタ映え、感動と現代の消費することに求められる要素を盛り込めたメニューはなかなかありませんね。

【天然マグロぶつ切盛り放題】まさかのマグロまで!

 

またまた盛り放題メニューですがまさかの天然マグロです。

 

ニッポンまぐろ漁業団 浜松町店 様の人気メニューでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。制限時間はありますが専用のカップにぶつ切りの天然マグロを盛り放題。ただし時間内でも外皿にこぼれてしまったら終了です。

 

高級食材が盛り放題ということもあり先にご紹介した高級食材を使った牡蠣ジェンガ同様、インパクトの強いメニューでした。

 

焼肉業態にもフィードバックできそうですね。黒毛和牛ダイスカット盛り放題‼️焼肉業態の皆様いかがでしょうか⁉️

【斉藤商店の斉藤さん割引】10人で行ったら100%OFF!?

 

門前仲町駅から徒歩1分の場所にある居酒屋『斎藤商店』が、リニューアルオープンを記念して2018年9月3日〜9日の7日間限定で、“さいとうさん”がグループに1名いればグループ会計10%引きになるイベントを開催しました。同様に2名なら20%引きです。

 

つまりグループにさいとうさんが10名いたら100%オフになるイベントでした。

リニューアルの告知として非常にフックの強いイベントですよね。

 

 

1️⃣さいとうさんがさいとうさんでない苗字の人を連れて行っても全体のお会計が対象になる

2️⃣さいとうさんがお客様を呼ぶ

 

 

さいとうさんが販促を手伝ってくれたわけです。佐藤さんや鈴木さん、田中さんではなくお店と同じ苗字のさいとうさんだったところが日本人苗字シェアからみても良かったのではないでしょうか?

斬新なアイデアでした。

【肉希少部位オークション】インスタライブで配信!

ふとインスタグラムを触っていた時に始まったインスタライブ。飲食店様のアカウントが多いので何を配信しているのかを見てみたら、焼肉屋さんのアカウントでした。配信されているのは店内のイベント模様。

 

なんと『ミートオークション』

 

希少部位や高級部位を来店したお客様がオークションに参加して落札するというものでした。

どんどん競り上がるオークションは店内イベントとしては非常に盛り上がり効果的ですし、インスタライブを使って配信すればインパクトの強い宣伝ができますね。

 

新宿は歌舞伎町にございます、ホルモンばんから 歌舞伎町店 様の販促でした。

 

 

 

文字から画像に、そして画像から動画、映像に、、、

 

 

5Gのスタートにより飲食WEBメディアは推移していきます。

みなさんも動画配信、映像配信を考えてみましょう。

【街バル】街を巻き込んでのイベント!

 

街バルとは、地域活性化と飲食店の集客支援を目的に地域・街・グルメ(バル、スペイン居酒屋など)・イベントをコンセプトに、食べ歩き飲み歩きして様々な飲食店を楽しむ大規模なグルメバルイベントです。

 

街バルは、現在の日本が抱えている以下の問題を解決しうる画期的な大規模イベントです

 

 

1️⃣経済低迷による、消費の低迷
2️⃣消費の低迷による、地方経済の衰退
3️⃣地方経済の衰退による、地元の商店街、飲食店の衰退

 

 

周りを巻き込んだ販促は、、、

 

 

4️⃣飲食店の横のつながりができる
5️⃣街バルを機に新規顧客獲得ができる
6️⃣個店販促より費用対効果が高い

 

 

という特徴もあります。

弊社がある世田谷区は街バルが盛んな街です。何かアドバイスができればと思います。

【レモンサワースタンド】人気店のレモンサワーが集結

 

テレビ等で取り上げられる機会も多い、レモンサワー。

 

そのレモンサワーブームを牽引していると言っても過言ではないのが レモンザムライさん!

 

 

本来であれば梯子しなければ飲めない、各お店の人気レモンサワーを、レモンザムライの名の元に集結させるイベント、『レモンサワースタンド』

 

イベントでは5種程のレモンザムライレコメンドのレモンサワーを楽しむ事ができます。

 

 

1️⃣レモンサワーというキーワードで繋がるコミュニティを各地で持つインフルエンサーである

2️⃣月次イベントで開催店舗を構えることで店舗の周知に寄与している

 

 

と考えれば、もしあなたのお店に特徴的なおすすめのレモンサワーがあるならぜひレモンザムライにDMしてみてはいかがでしょうか?あなたのお店のレモンサワーを飲みに来てくれるかもしれません。またイベントを開催してくれるかもしれません。

 

 

他店のレモンサワーも飲めるイベント、レモンサワースタンドは異色のイベントでしたが、そんな飲食店の横のつながりは新しく何かを生んだり、アプデするのかもしれません。まさに飲食店2.0ですね。

【サブスクリプション型ビジネス】擬似的にリピーター、新規顧客を獲得できる!

 

商売をやる上では切っても切れない新規顧客獲得とリピーター獲得ですが、今の世の中、擬似的に獲得する方法があります。

 

【サブスクリプション型ビジネス】です。定額制サービスとも言われますね。月額料金を払い、その間対象サービスを受け続けられるサービスです。

 

わかりやすく説明すればNetflixやHuluなどの動画サービス、ギガ放題や話放題のスマホサービスなどでしょうか。

 

 

同様に飲食業界にもこの手のサービスが出てきました。月額35000円でフレンチコース食べ放題や月額500円でTKG食べ放題など、普通では考えられないぐらいの価格帯でサービスが提供されています。

 

 

儲かる儲からないの数字的な話はまだまだ飲食店での実績が少ないため申し上げられませんが、このサブスクリプション型サービスを提供することで、、、

 

 

1️⃣元を取るために複数回来店されるユーザーが増える→リピーターの獲得

2️⃣1人で外食する機会は稀だと考えると、友人知人を連れての来店が期待できる→新規顧客の獲得

 

 

ができるようになります。新規顧客獲得、リピーターの獲得が擬似的に得られます。何回も来られたら赤字になるのではないか?という疑問も生まれます。おそらくユーザー単体で見てみれば恐ろしい程のリピート率で赤字を生んでしまうユーザーもいるでしょう。スーパーヘビーユーザーやロイヤルカスタマーですね。

 

 

同様に一定の割合で契約したのに1度も利用しなかった、一度のみの利用も間違いなく存在します。

ユーザー利用回数の内訳が見たいところですが会員全員が赤字を生むユーザーにはなり得ません。

思い浮かべてください。

 

 

Netflixで月何回動画を見ますか⁉️

 

 

これがサブスクリプション型ビジネスのメリットです。

サブスクリプション型ビジネスについては以下の記事もご覧ください。

 

飲食店がサブスクリプション型ビジネスモデルで得れる5つのメリットは?

 

 

最後に

街中を歩いているとき、インスタグラムを見ているとき、ニュースサイトを見ていた時の、飲食店がぜひ参考にしたいおすすめ販促企画をまとめてみました。

何かひらめいたらぜひ取り組んでみてくださいね。弊社ブログやインスタグラムで取り上げます。