【飲食店の動画マーケティング】〜これからyoutubeを始める飲食店の3つの施策〜

【飲食店の動画マーケティング】〜これからyoutubeを始める飲食店の3つの施策〜

動画マーケティングYoutubeマーケティングという言葉がは未だ聞き慣れない飲食店従者の方が多いと思います。

 

 

それもそのはずです。

 

 

5Gの代等により動画コンテンツそのものが身近なものになっていく、もはや身近なものになっているのはみなさんも感じていただけると思います。

 

 

これまでGoogleで飲食店の検索をすればグルメサイトが上位を占めた検索結果でしたが、現在ではGoogleマイビジネのページや、ローカルパック(上位3位の店舗情報)が表示されています。

 

 

また飲食店はSNSでの情報発信を求められるようになりました。 これはどんな飲食店でも意図していなかったことですよね。まさかGoogleマイビジネスを見て来た、さらにはは、インスタグラムで見たと言って来店するお客様がいるなんって思っていなかったと思います。

 

 

このようにユーザーもいつまのにかグルメサイトだけではなく他のメディア、プラットフォームを見て飲食店に来店するようになりました。 次に飲食店が露出しなければならないメディア、プラットフォームを考えたときにまっさきに頭に浮かぶのがYoutubeです。

 

 

いかに早く、競合他社より先に、飲食店Youtubeチャンネルを作ること、動画を作ること、そして動画を運用することを始めなければなりません。 本記事では実際の動画の作り方というより、動画コンテンツをアップしていく環境を作ることを念頭に置いて説明しています。

 

 

それでは参りましょう!【飲食店のyoutube動画の作り方】〜これから動画マーケティングを始める飲食店の3つの施策〜です。

【飲食店のyoutube動画の作り方①】 自社動画作成&自社チャンネル開設

 

まず1つ目は自社で動画を撮影する方法です。自社作成のメリットはなんと言っても経費がかからないことですね。しかしながらプロフェッショナルな、編集がかなり入った動画を作成することは技術的にも時間的にも厳しいでしょう。

 

しかしながらSNSなら毎日投稿するように、グルメサイトなら毎日更新するように、動画も本数勝負になることは間違いないと思います。すべての動画を外注していては大変なことになりますから、自社制作を念頭に置きましょう。はじめから上手に作れる人はいませんから。人気のYoutuberの初期動画を見てみてください。はっきり言ってしょぼいです。そんなもんんです、みなさん。まずは自社制作をコンスタントにできる環境づくりから始めるのがいいかと思います。

 

 

はじめの一歩はこれです、Youtubeチャンネルの開設です。これはすぐにできてしまいますからこの記事を読んだら即作りましょう。決して難しくありません。Googleアカウントでログインすれが即動画アップロード画面になります(PCブラウザ版)

 

 

目的、ターゲットが明確な動画

 

飲食店を立ち上げるときも考えたように、料理を考えるときもそうするように、動画作成でも同じことが言えます、

Who-誰が

When-いつ

Where-どこで

What-何を

Why-なぜ

How-どのように

 

の5w1hが明確な動画作成でなければなりません。最近インスタグラムでよく見るんです。お店の宣伝動画を。目的が不明瞭なものばかりです。よって再生回数は伸びません。

 

 

音声なしでも目で見て情報が伝わる動画

 

5G到来と言われて久しいですが、ユーザも動画を見る環境が多様化します。動画制作時に気をつけて欲しいのは音声の有無に書かわわらず、見るだけで内容、情報がつかめるものにしてください。つまり上記で書いた5w1hが動画で文字でわかるようにすればいいだけです。これ非常に大事です。人間の脳裏に残るようにテロップを入れること、文字情報を入れることが大事です。

 

 

CMを思い浮かべてみてください。くどいぐらい文字情報があります。もちろんタレント起用で植え付けられる印象もありますが目で見て耳で聞くというは脳に無意識に記憶させる方法の一つです。短い動画の中で(1分超える動画はよほどの覚悟が必要かと思います。)しっかりと情報を伝えていくには「音声なしでも理解できる内容」であるこtが重要です。

 

 

1つの動画で多チャンネル展開

 

まず1つ動画が作成できたらその動画をしっかり運用しましょう!動画コンテンツは資産です。以下の箇所にアップすることができます。

 

youtubeチャンネル
Googleマイビジネス
Facebook
Twitter
Instagramストーリー
IGTV
自社HP

 

ざっとあげてもこれだけの箇所にアップロードすることができるんです。再生回数さえ伸びればGoogleの動画検索にもヒットするようになります。再生回数を伸ばすには今すぐアップロードすることです!これだけの多チャンネル、多メディア(もっとあると思いますよ)にアップすることのメリットはやはりGoogle(SEO)での検索に有利になることでしょう。またSNSでシェアされたりメディアに取り上げられたりすればより一層WEB露出を増やすことができます。

【飲食店のyoutube動画の作り方②】 動画メディアに掲載

 

動画メディアといえば真っ先に思い浮かぶのがYoutubeですね。では果たしてYoutubeだけなのでしょうか?動画メディアは?そこでいくつか有料掲載できる、かつ、動画制作をしてくれるメディアをご紹介致します。

 

ぐるなび動画ちゃんねる

 

 

何かと最近元気のないグルメメディアさんですが実はYoutubeチャンネルを開設し精力的に動画マーケティングをしております。大半のGoogle動画検索の結果はぐるなび動画ちゃんねるのものです。ぐるなびに有料掲載している店舗さんはぜひ営業担当の方に話を聞いてみてください。動画マーケティングをしていく上では大変重要なメディアであると言えます。Youtubeチャンネル以外にもInstagramにて動画投稿をしています。ぐるなびで動画を作成するとYoutube、Instagram で紹介されるということですね。2度美味しいですし、自社メディアやSNSでシェアすればさらに動画マーケティングしていけますね。

 

 

 

favy channel (ファビーチャンネル)

 

 

着々とSNSマーケティングで力をつけてきたグルメメディアfavyさんでも同様に動画制作のサービスがあります。作成した動画はYoutube チャンネルやInstagramにて公開されています。こちらも有料掲載となりますが動画マーケティングしていく上では重要なメディアであると言えるでしょう。

 

 

またfavyではインバウンド対策、外国人向けのインスタグラム動画アカウントの用意があります。

 

 

 

エバデリチャンネル(仮称)

 

弊社オウンドメディアでも動画マーケティングサービスがスタート致します。上記2メディアとの主な違いは弊社で制作していただいた動画を弊社でしっかりと運用していくことです。Youtube SEOはもとよりGoogle検索結果に貴店のYoutubeアカウントを表示させたり、地域×業態(アイテム)での動画SEOをしていくサービスです。

 

こちらは詳細が決まりましたらここに掲載致しますが、すでに弊社作成の動画は指名検索結果の動画一覧に上位表示されています。下記の動画もご覧ください。動画マーケティングについては別記事で詳細に説明します。

 

 

【飲食店のyoutube動画の作り方③】 Youtuberを起用して動画コンテンツ制作

 

Youtuberを起用した動画制作ですが2019年10月現在で一番費用対効果が高い動画マーケティングと言えます。

すでにチャンネル登録者数が多いYoutuberですから、わかりやすく言えばインスタフォロワーの多いインフルエンサーにお店を紹介してもらうことの動画版ですね。チャンネル登録ユーザーはYoutuberの根強いファンと言えます。飲食店で言えば常連さんに近いものがりますね。そのぐらいチャンネル登録してもらう壁が非常に高いのです。

 

Youtuber起用

ざっとフードYoutuberと呼ばれている方々を挙げてみました。まだまだブルーオーシャンなジャンルでグルメ専門のYoutuberは大食いYoutuberが目立ちます。これから広がるジャンルと言えるでしょう。弊社エバデリチャンネルもここを狙います。

 

フードユーチューバーでなくとも店舗紹介をしてくれるユーチューバーはいます。有名なユーチューバーを起用すればそれはそれはコストがかかりますが影響力も高くなります。

 

Youtuberとコンタクトを取る際はまずはダイレクトにメッセージしてみましょう。中には事務所所属のYoutuberもいますが大半はダイレクトに受けてくれるはずです。しかしながらかなりのこだわりを持って動画作成をしていますので断られる可能性もあります。

 

ラーメンyoutuber SUSURU

 

概要欄より

「毎日ラーメン健康生活」 毎日ラーメンをすする動画を毎日配信します。 現在、1300日以上毎日ラーメンをすすっています。毎日18:30頃、その動画投稿しています。

 

 

食べ方がセクシーなYoutuber 小粒

 

 

日本食冒険記Tokyo Food Adventures

 
概要欄より
Tokyo is the World’s Best Food City! I am Daisuke from Tokyo Food Adventures and would like to introduce lots of delicious Japanese dishes and local foods that I recommend you try!! Please contact me if you are a foreign tourist currently staying in Tokyo and interested in being on my channel 🙂

daisuke.s0225@hotmail.co.jp

東京のおススメのラーメン店や寿司屋などの日本食をメインに紹介しています! 他にも訪日外国人にインタビューをしたり、大食い、激辛等の様々なことに全力でチャレンジしています!!

 

 

動画メディアと違い月額掲載なし

制作費こそ高額なイメージのあるYoutuber起用ですがよく考えてみてください。制作費を払えば永続しYoutuber のチャンネルに動画があり続けます。そこにはランニングコストがかからないんですよ。動画メディアは掲載費というものが毎月かかります。費用対効果の面で非常にコスパの高い動画マーケティングと言えます。

 

またYoutubeSEO的にも比較的おすすめ動画に古い動画(2年前程度のもの)が上がってくることはみなさんもご存知でしょう。一度依頼してしまえば末永く集客できるコンテンツあると言えますね。まさにライフタイムバリューです。

次の飲食店メディアプラットフォームは間違いなくYoutube

 

 

特定の検索クエリ(検索ワード)では下の画像のようにすでに1ページ目に動画の検索結果が表示されます。飲食関連のキーワードで動画が検索結果の上位に当たり前のように表示される日もそう遠くありません。

 

 

画像1

画像2

 

これらの動画はおそらくGoogleが動画で伝えたほうがより内容が伝わるかもしれないと検索ユーザーのことを考えて表示させた結果です。それはそうですよね、画像より文字より動画のほうがより短い時間で多くの情報を伝えることができます。

 

 

飲食関連のキーワードでも2ページ目もでぃくは3ページ目に動画の検索結果が表示されます。また自社でYoutube チャンネルを開設されている店舗は指名検索(店名検索)の場合、検索結果にYoutubeチャンネルの動画一覧が表示されるようになってます。

 

 

地域×業態という検索結果の1ページ目に動画が表示される日ももう間もなくと言っても過言ではないしょう。そのときに以下に動画コンテンツをたくさん持っているか?いかにたくさんの動画がWEB上に貼られているかが非常に重要になっています。

 

 

動画の直接的な作成方法は解説しているブログがたくさんありますし、どんな編集ソフトを使えばいいかもことWEB上でこと細かく説明されています。ぜひ貴店の動画マーケティングの入り口として本記事を参考にしてみてください。

 

動画マーケティングは先行者優位が働くマーケティングです。ぜひやってみたいと思った方は下記までご相談ください。

 

    送信前に問い合わせ内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。

    以下の記事も参考になります!

    【飲食店でYouTube(ユーチューブ)集客】SNS×動画マーケティングにチャレンジ!