人気飲食店は必ずやってるインスタグラムハッシュタグの使い方『キラー#ハッシュタグチューニング』

飲食店のインスタグラムの始め方、使い方、運用の仕方、マーケティング法まで、レベル別に記事をまとめています。ぜひご参照ください。

人気飲食店は必ずやってるインスタハッシュタグの使い方

 

本記事では『人気飲食店は必ずやっているインスタグラムハッシュタグの使い方』と題して、いかに効果的にハッシュタグを使っていくかを説明しています。

 

すでにインスタユーザーが、インスタグラムを使って飲食店探しをしているのは周知の事実かと思います。

 

あなたのお店ではどんなハッシュタグをいくつつけてインスタグラムに投稿していますか?

 

 

5個ですか?

10個ですか?

それはどんなハッシュタグですか?

どんな客層を狙ってつけていますか?

 

 

 

即答できた方はいらっしゃいましたか?

 

 

おそらくあなたは日々のインスタグラム投稿で悩み、この記事にたどり着いているはずです。

 

フォロワーが増えない

いいねが少ない

コメントが来ない

 

日々このようなリアクションを感じてうんざりしているのではないでしょうか?

 

せっかくの日々の投稿ですから有益にしたいものです。明日からのインスタ投稿を有益なものにするためにぜひ最後までご覧ください。

 

最大30個のハッシュタグをフルに使うべき!

 

インスタグラム(Instagram)の投稿は、1投稿に対して最大で30個のハッシュタグをつけることができます。

 

30個と聞くと多すぎますか?

 

いえいえ、そんなことはありません。ハッシュタグは可能な限り、30個使って投稿しましょう。飲食店が30個つけて投稿することには実は深い意味があります。

 

 

twitterでは好まれないハッシュタグもインスタグラムではつけまくる!

 

 

インスタグラム(Instagram)には、他のSNSと決定的な違いがあります。インスタグラム(Instagram)にはFacebookやTwitterのように他人の投稿を公にシェアできる機能がありません。

 

あなたの投稿を気に入ったインスタグラムユーザーが自分のインスタグラム(Instagram)のフォロワーにシェアするには、インスタグラムユーザーのメッセージ機能を使って個別にシェアする方法しかないのです。

 

これ、かなり面倒なんです。個人シェアが悪いのではなくインスタグラム(Instagram)の機能に拡散能力がないのです。いい加減実装されてもおかしくない機能ですね。

 

そこで活躍するのがハッシュタグです。飲食店の投稿を拡散する機能がないのと同時に、インスタグラムユーザーも自身で飲食店を探さないと情報を見つけられません。フォローしているインスタグラムユーザーの情報だけでは事足りないのです。いかに自分のインスタグラムアカウントのウォールを自身の好きなインスタグラムフォロワーの画像で埋めるか、ハッシュタグを使って日夜探しています。

 

では実際に人気の飲食店では、ハッシュタグをどのように使い、効果的な投稿をしているのでしょうか?

 

複数ワードを1つのハッシュタグにして確実にターゲット層を狙う!

 

あなたが日々のインスタグラムの投稿でどんなハッシュタグをつけているのかぜひ想像しながら読み進めてください。

 

例えば銀座で隠れ家的なイタリアンバルを経営しているボーノという名前の飲食店があるとします。日々のインスタ投稿では以下のようなハッシュタグを使っているとします。

 

#銀座

#イタリアン

#バル

#隠れ家

#個室

#ボーノ

 

飲食店の体を表すハッシュタグはすべてありますますね。しかしながら銀座のおしゃれな個室がある隠れ家的なイタリアンバル、ボーノさんのお店の投稿はまだ見ぬ、未開拓インスタグラムユーザーにはほとんど届きません。

 

 

大きなくくり(ビッグワード)のハッシュタグではあなたのお店は見つけられない?

 

 

銀座やイタリアン等のハッシュタグはビッグワード→大きく、かつ広い意味あいを持つハッシュタグですね。

 

試しに#銀座でタグ検索をかけてみれば一目瞭然です。銀座というハッシュタグにはボーノさんという飲食店ももちろん含まれますが、飲食店に限らず、多数の銀座に関する投稿が検索結果として出来てきます。

 

町並みの写真や、お鮨屋さんの写真、または銀座で女子会をした時の写真かもしれません。

 

上記のような投稿ではよほどのいいねをもらわない限り投稿数が多いため、ボーノさんの投稿をフォロワー以外のインスタグラムユーザーが見ることはないでしょう。

 

そこで登場するのが複数ワードを組み合わせて1つのハッシュタグにする、ロングテールハッシュタグというものです。

 

上記のビッグワードを組み合わせて作るのが一般的です。しかしながらこのロングテールハッシュタグ、組み合わせの選び方が非常に難しいのです。

上記のビッグワードの組み合わせのみではなく、あなたのアカウントがどんなキーワードを組み合わせてハッシュタグを作るとインスタグラムユーザーがたどり着けるか、データを元に細かく調整していきます。 これを本記事ではキラー#ハッシュタグチューニングと呼んでいます。

 

ロングテールハッシュタグの組み合わせ、選択については『キラー#ハッシュタグチューニング』で詳しく説明しています。有料の記事ですがお小遣いで買える程度のものですのでぜひ一度ご覧ください。

 

インスタグラムの世界観変わります。

検索候補にオリジナルハッシュタグを盛り込む!

 

またあなたのお店の露出度を高める、さらには検索するインスタグラムユーザーを独り占めする方法もあります。

 

インスタグラムではハッシュタグが命です。このハッシュタグをまた違った角度からうまく利用する方法があります。それがオリジナルハッシュタグを検索候補に出してしまう方法です。実際に人気飲食店がやっている手法ですのでぜひお試し下さい。

 

例えば#銀座というワードをタグ検索すると、#銀座以外にも銀座に関連する#がサジェストされます。Googleの検索と同じようなものです。関連キーワードならぬ関連ハッシュタグが登場します。

 

つまりここにあなたのお店が作ったオリジナルハッシュタグを検索候補として出してしまおうということです。

 

オリジナルハッシュタグを上位に表示させよう!

 

 

インスタグラムでは実にさまざまなハッシュタグが使われます。インスタグラムインフルエンサーらもこぞってオリジナルハッシュタグを作って広めてインスタグラムユーザーの投稿を煽ります。より自身の投稿を優先に見てもらえますからね。

 

飲食店関連キーワードでのオリジナルハッシュタグは実はまだまだ検索候補にあがってきません。簡単に言ってしまえば、みな我こそはとビッグワードをたくさん使うため、あまり目にすることがないのです。つまりまだまだブルーオーシャン(競争相手のいない未開拓の市場)なんです。

 

ここは参入しない手はありませんね。相手がいない以上検索結果を独占できます。

インスタグラムの検索アルゴリズムを正しく理解すれば充分にあなたのアカウントを上位表示させることができます。

 

どのようにしてオリジナルハッシュタグを検索候補に盛り込むかは、『キラー#ハッシュタグチューニング』で詳しく説明しています。合わせてご覧ください。

 

まとめ:飲食店のハッシュタグの使い方を網羅した1冊〜キラー#ハッシュタグチューニング〜

最後までご覧いただきましてありがとうございます。FC REAL CONSULTING TOKYOでは、日々フードビジネスの最適化を推進すべく、クライアントと一緒に奮闘しております。すべては実績に基づいて記事作成、電子書籍を書いています。

 

本記事の飲食店向けインスタグラムのハッシュタグの使い方もぜひあなたのお店に導入していただき、無料で取り組めるインスタグラムからの顧客流入を最適化してみてくださいね。

 

最近自分の中で流行っているんです、最適化

 

 
人気飲食店は必ずやっている【キラー#ハッシュタグチューニング】の続編、【RE:ハッシュタグ】についても書いてます。ぜひご覧ください。

【RE:ハッシュタグ】飲食店のハッシュタグの新しい使い方

 

 

インスタグラムで集客がしたい!そんなあなたはぜひ下記よりお問い合わせください。

 

送信前に問い合わせ内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。